商务技能 当前位置: 平成日语 > 平成考场 > 备战学堂 > 商务技能 >   

日本商务技能检定协会理事长介绍

时间:2014-04-17 15:20来源:未知 作者: 点击:

日本商务技能检定协会理事长介绍


  日本ビジネス技能検定協会は、平成の「読み・書き・そろばん」能力検定をめざします。

  現在(平成22年4月)、国家検定として実施されている技能検定制度は136種に及びますが、その多くが専門的職種に従事する者を対象として、職務経験を通じて得た専門的な知識と技術を評価しようとするものであり、卒業を控えた学生など、これから社会人として実務に従事していこうとする者たちに対しては、自己の保有能力をアピールする手段としては利用しにくいものとなっているようです。
  一方、国家試験等の資格試験はその殆どが競争試験であり、その突破のためには受験テクニックの習得を必要とするなど、これまた純粋に資質や保有能力を適正に評価しているとは言いにくい現状です。
  しかし、検定試験は、「勉強すれば合格する」ものであり、実用に適するものでなければなりません。 江戸時代の学問は当初、「実学」とは程遠いものでした。その後、新井白石が「実学」を提唱し、読み・書き・そろばんや蘭学の実用部分を抜き出し「実学」としました。また、八代将軍の徳川吉宗も「実学」を推奨し、個人の能力の育成を行いました。
  その後、時を越えて平成の世では、若者たちの「読み・書き・そろばん+話す」といった社会人基礎能力が顕著に不足していると言われています。
  わたくしたち日本ビジネス技能検定協会は、この現代の若者たちに不足しがちな社会人基礎能力を、さまざまな面で養っていけるための「実学検定」をめざして実施して参ります。




 

(责任编辑:平成日语)
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%
------分隔线----------------------------
备考推荐
经验交流
往届学长经验
互动问答