日语阅读 当前位置: 平成日语 > 平成考场 > 备战学堂 > 日语阅读 >   

感人日本美文:红果寄思

时间:2012-12-27 22:48来源:未知 作者:李老师 点击:

「菜摘ちゃんだべ?あの木と同じく大きぐなったべなあ。 感心 、感心。」 这是菜摘吧?跟那棵树一样都长这么大了啊,感动,感动啊。 今年のお正月、山形の祖父母の家の前で雪か

「菜摘ちゃんだべ?あの木と同じく大きぐなったべなあ。感心、感心。」
“这是菜摘吧?跟那棵树一样都长这么大了啊,感动,感动啊。”
今年のお正月、山形の祖父母の家の前で雪かきをしていたとき、見ず知らずのおばちゃまから声をかけられた。
今年新年在山形县的祖父母家门前铲雪的时候,一个从未见过的老奶奶跟我打招呼。
天童市で専業農家を営む祖父母は、米、野菜、さくらんぼなどを栽培、収穫する。祖父は「趣味の農業」と言い太陽が照りつける暑い日も、雪の降りしきる寒い日も、毎日畑の様子を見に行っている。作物ひとつひとつが「めんこい」のだそうだ。
祖父母在天童市专营农业,栽培大米、蔬菜和樱桃等作物。祖父以“趣味农业”为乐,不管是炎炎暑日还是雪冷寒天,每天都要去照看田地。他说每株农作物都很“可爱”。
見ず知らずのおばちゃまはそんな祖父から私のことを聞かされ、私を知っていたので話しかけてくださったようだ。ちょうど雪かきで疲れていた私はおしゃべりを始めた。
据说上面说到的素未蒙面的老奶奶就是从祖父那儿听说了我,于是认识我才给我打招呼。我也正好铲雪累了,于是打开了话匣子。
「山形の特産品のさくらんぼを収穫するのは、それはそれは大変な作業の連続なんだ。皆であちらこちらの畑に出向いて収穫や梱包を手伝っているんだべ。私も菜摘ちゃんのじいちゃんの手伝いを毎年するんだ。その時じいちゃんは、『菜摘の木』だけは自分で収穫するんだよ。嬉しそうな顔をして…。この辺りで菜摘ちゃんは有名人なんだべ。」
“山形特产樱桃,收获季节可有干不完的活儿。人们到这家田中那家地里帮忙收获和打包。我也每年都要帮手你爷爷呢。收获时,只有‘菜摘的树’你爷爷要自己采收,脸上喜洋洋的……所以你在这一带可是名人呢。”
初孫の私が誕生した16年前、実は祖父母はあまりの嬉しさからさくらんぼの苗木を植え、「菜摘の木」と命名していたのだった。その実は年々甘みが増しているという。
16年前我作为长孙出世,祖父母过于高兴而专门种下了樱桃树幼苗,并命名为“菜摘的树”。据说这棵树结的樱桃是一年比一年甜。
いつも寡黙な祖父が私を育てる様にさくらんぼの木を育て、大事に収穫してくれていた。
一向寡言的祖父如同养育我一般照拂这株樱桃树,收获时也郑重其事。
そしてその思いを近所の方々がそっと見守ってくださっていた。そのことに私は初めて、感動の意味を身をもって知った。その感動は何気ないおばちゃまとの 会話から生まれたものであって、又畑仕事を通じて助け助けられるというふれあいを大切にしているからこそ知り得たものであった。人とのふれあいは喜びであれ、悲しみであれ、心動かされるものである。
而附近街坊也默默注视着祖父的这一感情。这件事让我有生以来第一次真正亲身体会到了感动的意义。这一感动是在和老奶奶不经意的闲谈中油然而生的,而这种感动又只有懂得农事上大家互助的重要性才能切身体会。人与人之间的来往不管是喜是悲,都能触动人心。
同時に自分の見えない所で、他人が感じていることを知ることができる。そうやって人の心は豊かにあたたかくなっていくのだと知った、寒い冬の日であった。
与此同时,还能了解到在自己目不能及的地方他人所感受到的东西。在这严寒冬日,我终于理解到这样才能使人心变得丰富多彩而温暖。

(责任编辑:李老师)
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%
------分隔线----------------------------
备考推荐
经验交流
往届学长经验
互动问答