日语杂谈 当前位置: 平成日语 > 平成考场 > 备战学堂 > 日语杂谈 >   

汽车酒吧

时间:2012-08-06 20:40来源: 作者: 点击:

飲酒運転の連想からだろう。「車と酒」の組み合わせには背徳がにおう。映画では、リムジンの冷蔵庫から白昼堂々、シャンパンとキャビアが現れることもある。出てくるモノはがくんと落ちるが、似た図が報じられた。
由酒后开车联想到的「车和酒」的组合,总和违背道德联系在一起了。电影中有这样的场景,高级轿车里亮堂得犹如白昼,从冰箱里拿出香槟酒和鱼子酱。类似的画面的报道也有出来,拿出来的东西尽管掉了很多档次。

財務省などの官僚がタクシーで帰る際、運転手からビールやつまみなどを供されていたそうだ。「晩酌サービス」にあずかったのは、きのう公表の財務省分だけで383人。うち19人は現金や金券までもらっていた。長妻昭衆院議員(民主)が全省庁に調査を求め、発覚した。
财务省等官员在乘出租车回家时,听说驾驶员会给他们提供啤酒、下酒菜等。在要求对长妻昭众院议员(民主)的全省厅进行调查时发现:受到“晚酌服务”的,昨天公布出来的,仅财务省就有383人。其中19人还接受了现金或兑换券。

深夜の霞が関では、客待ちの車が列をなす。残業が習いの役人は大切なお客さんだ。自腹ならどんなサービスを受けようと勝手だが、支払いは役所のタクシー券だから話は別。税金のおこぼれで一杯や小遣いということになる。
在深夜的霞关,接客的车子排成队。经常加班的公务员是他们非常重要的客人。虽然自掏腰包享受服务比较自由,但使用官衙的出租券来支付的话,要另当别论,因此就有了用多出来的税金小酌一杯来消遣。

5年にわたり年150回程度もおごられ、お金や金券を渡された人がいるという。こうなると行きつけの店どころではない。小遣いは論外として、いらぬ心配ながら毎度ピーナツやスルメでは飽きないか。
据说有人5年内被请客150次、收受金钱和兑换券。如此以往,不是经常去的小店就能满足的。零花钱另当别论,杞忧每次一点花生米和鱿鱼干怎么喂得饱他们呢。

億単位の国費に慣れすぎると、ビール一本の節約に努める家計が見えなくなる。折しも後期高齢者医療制度では、低所得層ほど負担増になりやすい傾向が分かった。これまでの説明とは正反対、もう「設計ミス」である。
习惯于以亿为单位的国费,而看不到为家计连一瓶啤酒钱都拼命节省的民众。正值后期高龄人医疗制度方面,有增加低收入层的负担的倾向。和以前的说明正好相反,这就是“(制度)设计错误”啊。

「実施前に調べるべきだった」という間の抜けた発言には、耳を疑うどころかふさいだ人もいよう。タクシー晩酌について厚労省はまだ調査中らしい。しばらくは残業が多いはずだ。高齢者の怒りを「車内バー」に置き忘れることなかれ。
当听有人说“实施前应要做调查”,对此缺心眼的发言,我还以为是听错了,真想骂这无能的人啊。关于出租车晚酌事件,厚劳省仍在调查中。暂时应该加班会很多。切勿把老年人的愤怒忘置于“汽车酒吧”里!

(责任编辑:admin)
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%
------分隔线----------------------------
备考推荐
经验交流
往届学长经验
互动问答