日语杂谈 当前位置: 平成日语 > 平成考场 > 备战学堂 > 日语杂谈 >   

关于鲁宾逊

时间:2012-08-06 20:40来源: 作者: 点击:

南米のチリ沖に浮かぶ島の高台に、小さな記念碑がひっそりと立っている。「この島で四年四ケ月、完全に孤独のまま生きのびたスコットランド……ラルゴ出身の船乗り、アレクサンダー・セルカークを記念して」。「ロビンソン・クルーソー」のモデル、セルカークの足跡をたどっている探検家・高橋大輔さんの『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮社)の一節だ。

 約300年前にセルカークが漂着した島は、今ではロビンソン・クルーソー島と呼ばれているという。今年の初めに島で5度目の調査をした高橋さんらが、セルカークの作った小屋の痕跡を見つけたと発表した。出土品や地層の年代測定などで判断したという。

 99年刊の高橋さんの本には、こんなくだりもあった。「セルカークが実際に住んだ小屋、生活の痕跡……それらは歴史の中で 撹拌(かくはん)され、散り散りになり、核心へと近づくのはどうやら遅すぎたようだ」。執念が実ったということか。

 ルソーが教育小説『エミール』に書いている。「わたしたちにはどうしても書物が必要だというなら……自然教育のもっともよくできた概説を提供する一巻の書物が存在するのだ……アリストテレスか、プリニウスか、ビュフォンか。いや、ロビンソン・クルーソーだ」(岩波文庫・今野一雄訳)。

 難破、恐怖、希望、生存。幼いころに読めば、冒険の世界へといざなわれる。長じれば、人生の現実に重ねてクルーソーの生き方や言葉を味わうこともできる。

  今回見つかったという痕跡からは、どんな伝言が聞けるだろうか。



浮悬于北美智利海域的小岛上,有一块小纪念碑静静地矗立在高处。“为了纪念,在此岛上孤独生活四年四个月,苏格兰籍的船员阿弗兰.斯卢卡”这是追寻着,鲁宾逊漂流记中主人公的原型——斯卢卡的足迹,探险家高桥大辅所著的《寻找鲁宾逊》(新潮社)中的一段。




300年前,斯卢卡漂流至这座小岛,据说此岛现在被称为鲁宾逊.克鲁索岛。今年初,来此岛进行过5次调查的高桥先生,声称发现了当年斯卢卡建造的小屋。据说是以出土品和地层的年代来断定的。



在高桥先生,99年发行的书中,有这样一段。“斯卢卡当时居住的小屋,生活过的痕迹等……已经在历史中,被混淆,支离破碎,想要寻找到关键,似乎为时已晚”。现在的成果是不是执著的回报呢?



卢梭所著的教育性小说《艾米》中写道,“说到我们必须的书籍……有一本书记述了关于自然教育最好的概论……是亚里士多德?普林尼?还是布丰?不,是鲁宾逊”(岩波文库,今野一雄译)



遇难,恐惧,希望,生存。幼时读到,会被诱入冒险世界。长大成人,与现实的人生相叠,便能体味鲁宾逊生活方式和语言。



从此次发现的遗迹中,你能听到它在传递些什么呢

(责任编辑:admin)
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%
------分隔线----------------------------
备考推荐
经验交流
往届学长经验
互动问答